FXをMT4と他のシステムを使った結果を淡々と結果を表記する日記
FX-EA:朝スキャシステム
2012年10月01日 (月) | 編集 |
【特徴】
朝スキャは、日本時間の早朝にエントリーするシステムです。余り動きの無い時間にエントリーする事を前提にしていますので、大きく動く相場だとやられてしまいます。
ある程度大きく動く相場そのものは、指標などで事前に察知出来るなら運用を停止するのが安全策です。

--------------------------------------
○ Morning_Lab&M-Scalper
M-Scalperは、複数通貨対応の朝スキャEAです。成績の良い通貨のみを使用していますが、どの通貨でも運用は可能です。
Morning_labは、複数通貨対応の朝スキャEAです。現在は、ユロドル・ドル円のみの運用です。
ブローカーによって、若干エントリーや決済に違いが生じます。

・Morning_Lab【EURUSD・USDJPY】3ブローカー



・M-Scalper デフォルト【11通貨】3ブローカー



上記二つのEAは、ナンピンを行わない複数通貨単発トレードです。ただし、運用時間が限定されていますので、複数通貨で運用してトレード数を増やします。

又、LC値を設定して運用リスクを限定しているバージョンもあります。こちらは、リスクが限定される分、リターンも限定されます。
こちらは、Mornig_Labも一緒にコピーしています。
・M-Scalper&Lab LC250【11通貨】3ブローカー



・M-Scalper&Lab LC500【11通貨】3ブローカー



・M-Scalper&Lab LC750【11通貨】3ブローカー



・M-Scalper&Lab LC1000 【市場にあわせて運用の可否を決めるバージョン】



※ M-ScalperのLC1000のみ、運用不可要因を満たした場合は、運用を停止します。

☆ 運用不可要因
・ 米国市場休みの次の朝
・ 急激に動いた次の朝
・ 週明け・週末
・ 一部通貨が最高値・最安値を更新した時
・ リスクオンだと判断される相場(リスクオフ確認まで停止)
・ FOMCの次の朝
※ 週明けは、基本的にお休みですが、FOMC週のみ、木曜の稼動が行われない為、月曜から稼動させます。
ただし、前の週に大きく動いた場合には、FOMC週でもエントリー停止します。

など、相場が大きく動いた場合や全く動かない次の朝は停止とします。

--------------------------------------
・桃【EURUSD・USDJPY】 ThinkForex



---------------------------------------------------------
・ET&TOM Nanpin
ET&TOM Nanpinは、ユロドル専用の朝スキャのシステムです。朝スキャですが、ナンピンを行い、内部ロジックによって損切も行われます。

スポンサーサイト